ビットコインとはどのようなものか

ビットコインとはいったい何だろう?

ビットコインは、電子マネーの一種で、インターネット上で多く流通しています。通貨の単位はBTCとよばれ、硬貨や紙幣の発行がされていないことからデジタル通貨・仮想通貨という呼び名を使われることもあります。

ビットコインの流通システムは公的な金融機関(公的といいますが、普通の民間銀行もビットコインの世界では公的な金融機関を意味します)を通さないシステムのため、決済には手数料や諸経費がかかることもありません。P2Pといわれる個人同士の取引や小口売買は、世界中でどこでも決済や送金をすることができます。

ビットコインの発行は、マイニング採掘という高度な作業を通して行われ、演算処理も増えることで複雑になっていくことがわかっています。

ビットコイン取引は、はじめはITの専門家に親しまれていましたが、年々世界中でビットコインの知名度が上がり、多くの人が利用するようになっています。

ビットコインが活躍するシーンとは?

インターネットでショッピングやゲームをするときに、ビットコインを持っていると、いろいろなシーンで活用することができ、現実のお金と同様の扱いができます。

需要と供給に合わせて相場も逐一変化し、1ビットコインあたり3万5000円程度となっています。投資目的での利用が一般的ななか、決済にビットコインを用いる方法もメジャーとなってきています。

2016年5月以降は、詐欺を防ぐため、ビットコインでの勧誘をすることが禁じられています。ビットコインは、採掘・寄付を受ける・商品や硬貨との交換で得られる仮想通貨であり、電子署名で取引が行われます。

通貨の流通や二重支払いもブロック機能によって十分に管理することができる便利なものとして多くの人に親しまれています。

ビットコインを取引するためには、インターネットで検索をかけるといろいろなWEBページをピックアップできます。

そのサイトによって取引にかかる手数料が無料であったり、機能性の違いを見極めることもできるため、日頃から情報収集をすることでビットコインについていろいろな知識を身につけることもできるようになります。

ビットコインのブロックチェーンについて

ブロックチェーンとは?

ビットコインの支えとなる中核の技術としてブロックチェーンが成り立っています。

このブロックチェーンは、考案者であるナカモトサトシ氏によって生み出されたアイディアとなり、流通や金融、契約などの分野で大きな注目を集めています。

ブロックチェーンがどういうシステムで動くか説明しましょう。まずは取引の情報をビットコインの利用者が発する事からシステムは稼働します。取引情報に署名暗号をした後で、利用者がネットワークに情報を流していきます。

取引の情報は過去のものも閲覧することができ、ブロックチェーンの参照は権限を設定することも可能になっています。

セキュリティ面での問題はないのか?

ビットコイン・ブロックチェーンの仕組みに対してもともとある既存のデータベースは中央管理者に取引申請を送ることからはじまります。

申請と内容に不正があった場合には、中央管理者が削除をし、自己のデータベースに取引情報を書き込んでいきます。

取引相手にその情報が知らされて、そこで流れが終了となります。このときの参照権限は管理者のみとなり、外部や第3者からはわかることがありません。

ビットコインのブロックチェーンでは個々の取引においてデータに直接書き込まない仕組みとなっていますが、分散データベースを採用していることが理由となっています。

過去のブロック情報を混ぜ込んだりして改ざんを防ぎ、手数料の支払い情報をすべて管理できるようなシステムとなっています。

ビットコインによって始められたブロックチェーンは、既存しているようなものから新しく開発されたものまでたくさんの種類があります。

またブロックチェーンの設定次第ではコインを使わないということもでき、データ参照権限や参加者を限定することもできます。

つまりビットコインでブロックチェーンを行う時は、その状況に合わせてブロックチェーンを色んな設定に変えることで、安全でスムーズな取引を行うことができるのです。

 

ビットコインの手数料について

ビットコインにも手数料は必要

ビットコインの大きなメリットとはなんでしょうか?それは、手数料が極めて安価である、という点です。銀行や交換所を使わないのでその分手数料が少なくて済み、日本だけでなく世界中へ送金することができます。

ビットコインの手数料をいくつかの例と合わせて比較をしてみると、送金額が10万円とし、ビットコイン1.33BTC、為替1ドル100円、利用銀行がみずほ銀行だとします。

日本の銀行から日本の銀行へと送金するときには、みずほ銀行の手数料として利益が得られます。

日本の銀行から海外の銀行へ送金するときには、みずほ銀行だけでなく受け取る海外の銀行へも手数料がかかり、結果2か所へ手数料を支払うことになります。

ビットコインを送金する際も手数料自体はかかります。日本国内の手数料は420円、海外への手数料だと5500円かかります。

ビットコインの手数料の違いを知ろう

また、ビットコインのデータ量によっても手数料が変わってくることが多いため、あらかじめいくつかの情報をリサーチすることでスムーズに手数料の違いを知ることができます。

ビットコインでの取引をする場合、主な手数料は、ビットコイン送金時に採掘者に支払われるものがあります。

また、ビットコインを日本円に換金する際にも手数料がかかり、先物取引や信用取引でも同様になっています。

ビットコインを提供するサービスや取引の内容によって手数料の違いがあるため、各取引所の手数料を確認すると、利用するときも安心して取引ができます。

日本でのビットコインについて

日本でのビットコインの動向は?

ここ何年かで日本国内においてもビットコインでの取引などが流通するようになりました。ビットコインの取引所や交換所も増え続けているなか、日本でビットコインの取引や交換をする場所も知っておくと便利なことも多くあります。

日本でもトップクラスであるビットコインの流動性があるサイトはbitFlyer(https://bitflyer.jp/?bf=hlpbdghn)となっています。

複数のアカウントがあり、イーサリアムの扱いもあることが特徴となっています。bitFlyerは、アプリ機能がとても使いやすく多くの人に親しまれています。

日本でビットコインの出来高がトップクラスなのは、BTCbox(https://www.btcbox.co.jp/)というサイトになります。

生存期間が長く、安心して取引のできるビットコインであることも大きな特徴となっています。日本でも注目度が高く、モバイルアプリの展開をもし始めています。

ビットコインが活躍する場所

ビットコインは、いろいろなシチュエーションでの活用ができ、日本国内では通信販売のDMM.com、Touchmall、coolstaffjapanなふぉ31件ものサイトでの使用ができます。

そのほか、ゲームやインターネット上で活用したいと思ったときには、ビットコイン日本語情報サイト(http://jpbitcoin.com/shops) からいろいろな情報をリサーチすることができます。

日本国内では、海外に比べると、ビットコインの流通は低くなっていますが、ここ何年かでは、海外での影響を受け、ビットコインの利用をする人が増えてきています。

決済や投資にも利用できるビットコインは、非常に便利な機能なので、世界中で多くの人が利用しています。

ビットコインのチャートについて

チャートの確認の仕方

世界中に流通し、その便利さや手軽さから多くの方たちに取り入れられているビットコインは、交換所や取引所のサイトにて、チャートの確認をすることができます。

ビットコインのチャートは、Inversting.com(http://jp.investing.com/charts/)で、リアルタイムに知ることができ、グラフ上にて掲載しているため、初心者の方でもわかりやすく理解することができます。

ビットコインのチャートは、毎日変動があるため、取引や売買をするにあたって、大事なポイントとなり、このようなチャートがわかるページをブックマークしておくこともスムーズな情報収集となっています。

Bitcoin日本語情報サイト(http://jpbitcoin.com/about/history_price)では、日本国内でビットコインの取引をするための方に向けられたサイトとなり、チャートやビットコインの詳しい取り扱いの方法なども知ることができます。

暴落への備えもできる

ビットコインは、ここ何年かで安定した推移で上昇や下降を繰り返していますが、暴落することや暴騰の予想も、このチャートをチェックしていることで認識できるようになります。

また、ビットコインの研究をしているサトシナカモト氏が開設しているホームページ(https://satoshinakamoto.jp/)では、動画やソフトウェアのダウンロードによってビットコインのチャートをより詳しく案内しています。

このようなビットコインのチャートを知らせるサイトでは、チャート設定という項目も設けられており、設定をすることで、自動的に情報を知ることもでき、便利な機能として多くの方たちに用いられています。

ビットコインのチャートにはいろいろな種類が挙げられ、オンラインチャートやFXチャート、株式チャートや先物チャートなどの分類があります。

ビットコインの取引の形が明確なときには、このような種類ごとのチャートを知っておくことも便利であり、取引に大切なポイントを知ることができます。

ビットコインの始めかたについて

どうやって始める?

ビットコインを始めるときに最初に行うことはウォレットをつくることからスタートします。ビットコインの保管のため、アプリやソフトをインストールしてから、WEB上にアカウント作成をします。

ビットコインはどんな方法でも保存ができますが、セキュリティを重視しているオフライン環境でのゴールドウォレットが推薦されています。

つづいてビットコインの入手を行います。入手する場所としては取引所や販売所といった場所が最もポピュラーな入手場所となっています。日本国内でも多数の取引所や販売所があり、専門のサイトで検索をするとすぐに多数のリサーチ結果(取引所や販売所のリスト)が反映されます。

各取引所のサイトでは1ビットコインの価格を掲載し、数万円の範囲内で推移していることもわかります。

細かい単位でのビットコインを購入することもでき、いろいろなサイトをリサーチしておくとそれぞれの特徴を大まかに知ることができます。

ビットコインでは取引所のリサーチが重要!

ビットコインを始めるに当たって、どんな取引所があるのかのリサーチもとても重要なポイントとなっています。

日本国内ではいくつかの取引所が挙げられていますが、bitFlyer(https://bitflyer.jp/)というサイトが手数料無料で始められることから多くの方たちから人気を集めています。

ビットコインを入手したあとは、ビットコインの使用の段階へと入ります。日本国内ではビットコインが使えるサイトがいくつかあり、通信販売のサイトが一般的となっています。

ビットコインを始めてから、使うまでの段階に入ったとき、役立てることができるのは、DMM.comやTouchmall、coolstaffjapanなどの大手通信販売会社が挙げられています。

ビットコインを始め、入手したあとには送金にも役立てることができ、ビットコインを取引しているところなら世界中のどこへでも送金が可能となっています。

また、送金や支払いだけではなく、ビットコインを決済方法として導入することもでき、ビットコインを始めることで得られるメリットはたくさんの事柄が挙げられています。